遺骨をお墓で保管する場合の費用や考え方

火葬場で最後の別れを告げ、火葬されると、残った遺骨が骨壺の中に入りそれが手渡されることになります。あれほど大柄な体をしていたのに、火葬して骨だけになってしまうと、こんなにもコンパクトに収まってしまうのか、そんな気持ちにもなります。遺骨はお墓に入れることで、墓参りができることにもなりますし、亡くなった家族への敬意をいう気持ちもあり、しっかりとお墓で保管したいという思いが強い人は多いです。

お墓というと、一般的に霊園やお寺などになりますが、費用はどのくらいなのでしょうか。墓石代、そして墓地の永代使用料、さらには工事の費用、そして管理料などがかかることになり、全国平均の相場では200万円前後と言われています。墓石の大きさによって費用は大きく変わることになります。どの程度のものにするのかは、業者との相談になります。遺骨の保管に関しては、今の状況だけでなく、これから数十年後はどうなるのか、いろいろな観点、そして長期的な視野で決めることができます。