故人の遺骨はどうしたら良いのか

日本では火葬というのが一般的となっており、火葬後に残された骨を故人の遺したものとして遺骨と呼びます。その遺骨というのは、お墓などに納骨して供養をしてもらうのが一般的ですが、他にも自然葬や手元供養などによって遺骨のあり方というのは変わってきます。
しかし、納骨以外の方法を選択される場合にも、必ずルールがありますので、それに従うことが必要です。例えば自然葬の場合は遺骨を自然に還すというような意味を持つ葬儀方法となりますので、海や山などに遺骨を散骨するのですが、この場合は受け取った遺骨をそのまま海や山に散骨すると違法となります。手元に残す場合においても、受け取ったままの遺骨を保管し続けることは出来ません。
墓地などに納骨をする以外の方法を取られるのであれば、必ず遺骨を粉骨しなくてはなりません。粉骨は専門の企業があるので、そちらに任せます。納骨をお寺などに任せるように、自然葬も手元供養も専門の業者に任せると安心です。